明八歴史舘2010を振り返って

高校5期卒 文化祭担当 林 智彦

 本年度も戸富貴会は「明八歴史舘2010」として文化祭展示の参加をしました。今年の展示は、昨年度の展示内容を大幅に上回るべく企画・準備をして文化祭当日に臨みました。

 その内容としては例年と同様に、明八歴代制服・グッズの展示、卒業アルバムの閲覧、フォトメッセージコーナー、在校生を除く来場者のためのお茶菓子無料配布を実施しました。

 さらに本年度からの新企画として、明八が開校してから現在に至るまでの歴史を展示することになりました。具体的には、部活動の歴史である「部活動系統図」、開校時の生徒手帳のコピーによる「昔の明八校則」、開校当時の100段階評価と 現在の10段階評価の比較をした「成績表の今昔」の展示を行いました。

 準備期間中は明八グッズを展示するためのひな壇の作成や、「部活動統計図」・「昔の明八校則」の作成のために資料を収集しました。昔の校則は現在のものと比較をすると、どうしても笑ってしまう内容でした。そして、これらの新企画の中でも 一番おもしろかったものは、やはり「成績表の今昔」でした。これらは昔と今の架空の明八生二人の成績表を比較して展示することにより、明八開校以来からの歴史を感じることができるものでした。

 本年度の文化祭展示は、このようにして企画実行された「明八歴史舘2010」でした。そのために、卒業生・教職員・来校者のみならず在校生生徒達からもびっくりの企画や展示をすることができました。 文化祭当日は台風も直撃するなどの大雨にも関わらず、本年度の展示内容やたくさんの入場者数のために、昨年度以上に大盛況になりました。また来年度以降も進化を続ける戸富貴会の文化祭展示に是非ご期待下さい。

 おかげさまで今年の戸富貴祭2日間において、明八高校卒業生の会である戸富貴会主催の会場が、皆様方全員の厚いご指示により大いに盛り上がることができました。また、来場者の皆様方からの反応も昨年度以上に良く無事終了することができました。そのために、とても嬉しい思いでいっぱいになりました。

最後にこの場をお借りして、来場者の皆様方、お手伝いをしてくださった皆様方、陰で支えてくださった皆様方、そして遠くから見守ってくださった教職員の皆様方全員に重ねてお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。
 
 


閉じる